INDEX
序文
留学のヒント
英文メールサンプル
留学失敗談
Forum
投稿の検索
リンク
MAIL
留学失敗談
学校生活の苦労話...

英語は出来てあたりまえ

ペンネーム:中村 耕太郎
住所:神奈川県
E-mail:非公開
留学時年齢:20歳
性別:男
留学した国:アメリカ
留学期間:1979年〜1982年
学校名:Armstrong Unv. 専攻:経済

 失敗談というより、後悔談です。
私は留学前はかなり自分の英語力には自信を持っていました。これから留学を目指されている方も、おそらく同じだと思います。自信がなければ留学なんて考えませんから。
 でも私の場合、授業開始一日目で見事に叩きのめされました。アメリカ人は日本人以上にディスカッションが好きです。授業が始まるやほとんど全員が討論を始めました。しかもスラング混じりで、ものすごいスピード、そしていきなり『君はどう思う?』ですからまいりました。
正直、授業へ出るのが恐怖でしたね。二ヶ月ぐらいは。
 今にして思うと、英語なんかできて当たり前ですよね。日本にいる外人が日本語ができるだけで大学で学べるかと言ったら違いますものね。

 留学される方へ、語学力ももちろん大切なのですが、学ぼうとする学科の知識を日本にいる間に養ってください。私の場合、日本の経済情勢などにかなり関心があり資料も持って行ったので、教授や生徒たちがかなり関心を持ってくれて、レポート作成やプレゼンテーションの手助けをしてくれたり。教授の家のパーティーに呼ばれたりして助かりました。

 それから日本で学んだ『受験英語』をバカにしてはいけません。よく日本人の英語は文法先行でダメだと言う声を聞きますが、それは違います。確かに他国の生徒に比べ口語表現能力は低いのですが、教授など知識人ときちんとした話しをする場合などは良い評価をされます。
事実、彼らはパーティーが好きよく集まるんですが、日本人はフォーマルな場でも綺麗な英語を使うからと言うことでよくまねかれました。そして彼らの中から『良い英語』をまなべました。そのへんのアメリカ人を談話する程度ならともかく、そういう場では文法力のしっかりした英語力は高い評価をうけますし、レーポートなんかでも良いグレードがもらえます。

 おかしな事に、英文法(彼らにとっては国文法)の授業では日本人がかならずトップでした。





AMITY-NETからのひとこと  By AMITY

社交の場でのコミュニケーションはとても重要です。
気の利いた即興のジョークは場を和ませ、インテリジェンスのバロメータとなることでしょう。流行の言い回しを流ちょうに使えるかどうかということは重要ではありません。
中村さんのおっしゃるようにベーシックな部分のほうが重要だと思います。






学校生活の苦労話...

| INDEX | 序 文 | 留学のヒント | 英文メールサンプル | 留学失敗談 | Forum | 投稿の検索 | リンク |

MAIL