INDEX
序文
留学のヒント
英文メールサンプル
留学失敗談
Forum
投稿の検索
リンク
MAIL
留学失敗談
学校選びの苦労話...

英語集中コースESLは時間とお金の無駄

ペンネーム:Sue
住所:大阪府
E-mail:非公開
留学時年齢:18歳
性別:女
留学した国:アメリカ
留学期間:1990年9月〜1995年6月
学校名:サウスアラバマ大学

留学を考えている人の多くは、”始めは向こうに慣れる為に”という理由か、”TOEFLの必要得点達成まで”ということで、英語集中コースへ行こうと思っていることでしょう。でも、向こうのいわゆる”英語集中コース(ESL)”は、皆さんが思っているほど役に立つものではありません。ESLは日本の英会話学校と同じかそれ以下のレベルです。クラスメートはもちろん非英語圏人なので、英会話の練習にはあまりなりません。たぶん、初めて留学するのにいきなり学部の授業へ入るのは無謀だと考えるでしょう。しかし、いくらESLに何年居ようと学部の授業は厳しくそれに慣れるのには時間がかかります。もしどうしてもESLから始めようと言うならば、3カ月間が限度です。それ以上居ても本当にお金と時間の無駄です。これはどこのESLでも同じです。また、3カ月以上居ると、それなりに慣れてきて"遊ぶ”ことを覚えてしまいます。TOEFLの点がなかなか取れないまま時だけが過ぎていくのです。どんなにマジメにESLのクラスに出席しても、ESLではTOEFLの点が取れないのです。TOEFL用のコースもあるでしょうが、たいしたものではありません。日本の英語学校で勉強してTOEFLの点を取ってから留学することをお薦めします。
留学斡旋業者や留学経験者の多くは、よく、”先ず、向こうへ行ったら慣れる。”なんて言いますが(実際、私もそう言う時もありますが)そうやって向こうへ行って、当初の予定通り、ESL→学部入学→卒業出来る人は半分もいないという事実を知って欲しいです。日本の学校では、日本人ばかりだから嫌だ!といっても、向こうの学校だって、ESLには日本人ばかりですよ。





AMITY-NETからのひとこと  By AMITY

留学の時期や学校が違えば必ずしも同じ事情とは言えないかもしれませんが、実際にサウスアラバマ大学に留学した経験からの参考になるご意見であると思います。






学校選びの苦労話...

| INDEX | 序 文 | 留学のヒント | 英文メールサンプル | 留学失敗談 | Forum | 投稿の検索 | リンク |

MAIL