INDEX
序文
留学のヒント
英文メールサンプル
留学失敗談
Forum
投稿の検索
リンク
MAIL
留学失敗談
学校選びの苦労話...

how meaningless...

ペンネーム:Tomomi
住所:West Virginia
E-mail:karakuchi_tomomi@hotmail.com
留学時年齢:19歳
性別:女
留学した国:アメリカ, Charleston, West Virginia
留学期間 :1997年7月〜
学校名:University of Charleston

I came to University of Charleston through an institution.
It has connections with many Universities and colleges, and it doesn't cost much compared to other institutions.
I stayed in Tennesee during a term called "summer orientation" (1 month) before entering the univ.
I had been fascinated by the word "you can enter a college without TOEFL!" so I chose this institution.
My TOEFL score in April '97( 3months before coming to America) was 497, so it was enough to enter a 2-year college.
I'm now regretful about using an institution. I should have come to America and choose a college by myself.

-to people planning to study abroad-
Please make your good choice. Let's stand by your own feet.

I'm going to transfer to a college I chose.





AMITY-NETからのひとこと  By CEPT

ここでおっしゃっている institutionは、斡旋業と入学準備の語学学校が一つになったような現地の組織なのでしょうか? また、はっきりそうおっしゃってはいませんし、その理由もわかりませんが、紹介された現在在学中の大学に不満なのであろうと受け取れます。
情報を集めるのは確かに大変ですが、たとえ斡旋業者等の薦めにしたがって学校を決める場合でも、紹介された学校の資料を請求し、OKする前に自身の判断でもう一度検討するぐらいの慎重さは持ったほうがいいですね。






学校選びの苦労話...

| INDEX | 序 文 | 留学のヒント | 英文メールサンプル | 留学失敗談 | Forum | 投稿の検索 | リンク |

MAIL