INDEX
序文
留学のヒント
英文メールサンプル
留学失敗談
Forum
投稿の検索
リンク
MAIL
留学失敗談
学校選びの苦労話...

留学して感じたこと

ペンネーム:ゆうき
住所:愛知県
E-mail:yhe07207@niftyserve.or.jp
留学時年齢:18歳
性別:男
留学した国:アメリカ、STILLWATER OKLAHOMA
留学期間 :1987年6月〜1992年5月
学校名: OKLAHOMA STATE UNIVERSITY

僕は1987年からアメリカに留学しました。大学を卒業したのは1992年です。もう卒業してから5年たちますが、留学については少しはわかると思います。

留学斡旋会社が勧める学校は日本人が多いところで、これでは日本にいるのと同じではないかと自分も1987年にいった大学付属のELIに入ってから思いました。

やっぱり日本人のいない環境がないとなかなか英語は上達しません。日本人といるほうが楽ですから。でも本気で留学を考えてるなら、勇気入りますが一人で外国人の人達と溶け込めるような学校を選ぶべきだと思います。

僕は一人で88年にオクラホマに転校しました。それから英語は本当に上達しました。辛いこともありましたが、得たもののほうが多かったです。





AMITY-NETからのひとこと  By AMITY

旅行はともかく、日本人の全くいない環境への留学というのは難しいかもしれません。
何を優先するかは人それぞれですが、自分の目標とする勉強とその地域の環境などを考えて留学先を考慮することは重要なことです。
学部に入ってしまってから大学を変更することも可能ですが、ESLコースで英語力を養っているうちであれば簡単に取り返しがつきます。
とは言っても、一度選んだ学校を変更することはいろんな面で煩わしいことです。家族は何か良くないことが起こったのではないかと心配するかもしれません。友達にも連絡先が変わることを説明しなければいけません。
しかし、留学期間全てを台なしにしないためにも、勇気を持った変更をすることが時には重要であることを肝に銘じておきましょう。






学校選びの苦労話...

| INDEX | 序 文 | 留学のヒント | 英文メールサンプル | 留学失敗談 | Forum | 投稿の検索 | リンク |

MAIL